ペット保険の補償対象外について

補償の対象外となる場合について

ペット保険は、通院したからといって、かかった費用を何でも全て補償してくれるわけではありません。
どこの保険会社でも、補償の対象外になる項目というのが必ずあります。

 

基本的にはどのペット保険でも、先天的・遺伝的な持病は補償されておらず、
また、ワクチン接種などの予防接種費用や健康診断など、健康体のペットに施す処置や、
去勢手術や避妊手術など、病気ではない手術に関しても補償の対象外となっている場合がほとんどです。

 

その他にも、補償の対象にならない病気やケガがというのがあるのですが、注意していただきたいのは、このような補償対象外の内容は各保険会社によって異なるということです。

 

これらは各社のパンフレットに「保険金をお支払できない場合について」などといった項目で書かれているのですが、小さい文字で控えめに書かれていたりするため、一見どうしても読み飛ばしてしまいがちになってしまいます。
ですが、ここを把握しておかないと、せっかくペット保険に加入しても、後からこれは補償の対象外だったなんてことにもなりかねません。
実際に、後から保険が降りなかったというトラブルは決して少なくありませんので、詳しくは各社のパンフレットにて、必ず一度は目を通しておくことをおすすめします。

 

重要事項は必ずご自分で確認することが大事です。

各社のペット保険資料一括請求はこちらから [無料!]


最適な保険を見つけるには 複数の保険会社を比較するのが確実です。

ペット保険と一言で言っても各社いろいろなものがあり、補償内容や保険料も様々です。
そんな保険商品を徹底比較するには、各社のパンフレットを実際に取り寄せて見比べるのが一番確実です。

 

複数の資料を比較することによって、たくさんのメリットがあります。

 

例えば、

  • 保険料の相場がわかる。
  • 同じ掛け金で、他社だとどんな補償を受けれるのかがわかる。
  • 保険金の限度額や、年間で保険を利用できる回数の違いを知ることができる。
  • 実際にいくらの保険金が支払われるのかを、各社シミュレーションすることができる。
  • 保険会社によって各種割引があり、補償内容が同じような場合、割引のない会社を選ぶと

    損をしてしまう。

 

など、ほかにもメリットはありますが、
このような内容は、各社のペット保険を比較してみないとわかりません。

 

ですから、複数会社から資料を請求して、保険内容を見比べることが重要なんです。

 

しかし数ある保険会社から、気になる会社の資料を1社ずつ請求するのは、面倒な作業ですよね。

 

そこで便利なのが、複数の保険会社にまとめて一括資料請求できるサイトです。
このサイトを利用すると、たった一度の情報入力で、なんと6社ぶんの資料をまとめて一括で請求することができます。

 

情報を入力する作業も簡単で、3分程度で済んでしまいますので、1社づつ資料を請求するよりもはるかに効率が良いですよ(^_^)

 

各社のペット保険資料一括請求はこちらから [無料!]